笠原グループの歩み

明治・大正時代〜近代日本の夜明けと供に

明治11年 長野県下諏訪町に機械製糸会社を創立
明治22年 山二製糸工場 岡谷にて創業開始
明治33年3月 常田館製糸工場 上田にて創業開始
明治43年5月 美笠商事株式会社を設立
大正6年3月 須賀川工場 須賀川にて創業開始

昭和時代〜日本経済と供に成長

昭和7年11月 株式組織に改めて株式会社笠原組と称す
昭和14年12月 司合名会社を設立
昭和16年5月 株式会社笠原組大井工場の創業開始
昭和19年5月 山ニ発條株式会社を創立
昭和20年5月 信越電線株式会社を創立
昭和21年2月 君津化学工業所を君津化学株式会社に社名変更
昭和22年5月 岩瀬産業有限会社を創立
昭和23年5月 株式会社笠原組を笠原製糸株式会社に社名変更
昭和25年6月 東信製糸所を設立
昭和34年2月 東信製糸所を東信工業株式会社に社名変更
昭和37年2月 笠原製糸株式会社を笠原工業株式会社に社名変更
昭和37年6月 笠原工業株式会社須賀川工場にて合成事業開始
昭和38年2月 笠原工業株式会社須賀川工場にてレース事業開始
昭和45年2月 笠原化成株式会社を創立
昭和48年5月 板倉電子株式会社を創立
昭和51年2月 仙台化成株式会社に経営参加
昭和54年4月 岩瀬産業有限会社を岩瀬産業株式会社に組織変更
昭和55年5月 北日本化学工業株式会社を創立
昭和56年3月 ポリッシュ技研株式会社を創立
昭和56年6月 カサハラ電子株式会社を創立
昭和58年2月 笠原工業株式会社新町電子工場の事業開始
昭和60年6月 糸魚川ティーケイ株式会社を創立
昭和62年12月 君津化学工業チリ有限会社を創立

平成時代〜持続可能な社会を目指して

平成1年5月 KB Foam.Inc.を創立
平成2年1月 司合名会社を司株式会社に組織変更
平成2年12月 花巻化成株式会社を創立
平成6年2月 司株式会社がやまとビル株式会社を買収
平成8年6月 カサハラ電子株式会社をケー・デー・エル株式会社へ社名変更
平成11年1月 PT.YAMANI SPRING INDONESIAの事業開始
平成13年4月 仙台化成梶A北日本化学工業轄併しケーエスケー株式会社へ社名変更
平成13年8月 君津化学工業株式会社を株式会社キミカに、君津化学工業チリ有限会社をキミカチリ有限会社に社名変更
Kimica America Inc. を設立
平成14年4月 笠原工業株式会社にポリッシュ技研株式会社を統合
平成14年9月 台湾東信工業股有限公司を創立
平成15年2月 東莞横瀝東信工電子廠の事業開始
平成16年8月 蘇州金柏精密机械制造有限公司を創立
平成18年1月 (株)キミカが南米チリ国、海藻集荷加工会社、M2.S.A.に資本参加
平成18年5月 (株)キミカが中国、青島明月海藻集団有限公司に資本参加
平成19年1月 笠原工業株式会社を笠原工業ホールディングス株式会社に社名変更
笠原工業株式会社の各工場を三社に分割
笠原工業株式会社(上田)を設立
笠原工業株式会社(須賀川)を設立
笠原工業株式会社(山梨)を設立